エージェント比較

【第二新卒・20代向け】経理で利用すべき転職エージェント7選|未経験者にもオススメ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

第二新卒・20代で経理へ転職目指してます。

経理の転職では、どの転職エージェントに登録すればいい?

経理の転職では、優良な求人を紹介してもらうために、転職エージェントへの登録が必須です。

しかし、転職エージェントの数はかなり多くあります。

実際に経理に転職をしようとする場合、どの転職エージェントに登録すればよいか迷うこともあります。

特に、第二新卒・20代の転職経験が浅い人にとって、転職エージェント選びは難しく感じます。

そこで今回は、

第二新卒・20代の経理へ転職を目指す人向けに、オススメ転職エージェントを7つご紹介します。

ご紹介する転職エージェントは、経理未経験の人にもオススメできます。

今回は、この7つのオススメ転職エージェントについて詳しく解説していきます。

第二新卒・20代で、これから経理へ転職したいと考えている人は、ぜひチェックしてください。

☞この記事の解説者:経理部IS

・現役の東証一部上場企業の経理部長です

・経理の転職6回経験

転職エージェントは10社以上利用経験あり

・複数の転職エージェント利用経験を踏まえ、おすすめエージェントを解説します。

~第二新卒・20代で経理へ転職するなら、まずはdoda(デューダ)へ登録

経理へ転職を目指す方が、まず最初に登録すべきエージェントは、doda(デューダ)です。

dodaは、業界ではトップクラスの転職エージェントであり、経理含め、多数の求人を保有しています。初めての転職する人にもオススメです。

\無料登録/

 

Contents

第二新卒・20代経理の転職エージェントの選び方

経理へ転職する際、転職エージェントを利用するのが一般的です。

しかし、転職エージェントは数多くあり、実際にどの転職エージェントを利用すればよいのか悩んでしまうことも多くあります。

そこでオススメするのが、

転職エージェントの特徴を理解して、戦略的に転職エージェントを利用することです。

転職エージェントはそれぞれ特徴があります。

特に、経理の転職で利用する転職エージェントは、それぞれ特徴が異なります。

転職エージェントの特徴を理解して利用すると転職成功も、ぐっと近づきます。

ここでは、経理転職で利用するエージェントの特徴について、具体的に説明していきます。

経理の転職エージェント3つの特徴

・あらゆる業界、職種の求人を持っている転職エージェント

⇒総合型

 

・経理の求人紹介に特化しているエージェント

⇒経理特化型

 

・20代や第二新卒向け求人紹介に特化しているエージェント

⇒第二新卒・20代特化型

このように転職エージェントによっても、それぞれ特徴があります。

そして、特徴が違う転職エージェントを使うことで、紹介してもらえる求人の幅が広がり、応募できる求人も増えます。

応募できる求人が増えるということは、経理への転職チャンスが広がるということです。

特徴が異なる転職エージェントを複数選んで登録していくべきです。

特徴が異なる転職エージェントを選んで利用しましょう!

ここからは、特徴ごとに経理の転職エージェントをご紹介してきます。

総合型の転職エージェント

総合型の転職エージェントとは、業界・職種を特定せず、あらゆる求人を扱っている転職エージェントです。

もちろん、各業界の経理の求人も多く扱っています。

総合型の転職エージェントは、

  • 大手上場企業が運営している
  • 求人は大手上場企業や優良企業が多い
  • 業界・職種あらゆる求人を揃えているため、かなりの求人を持っている

といった特徴があります。

この総合型の転職エージェントでオススメなのは、

この3つとなります。

dodaデューダ(総合型)

doda(デューダ)は総合型の転職エージェントで、経理へ転職を目指す方は、まず最初に登録すべきエージェントです。

dodaは、日本最大手の転職エージェントで、経理の求人数も多く、転職者のサポート(履歴書などの添削や模擬面接)にも力を入れています。

doda(デューダ)の特徴

  • 求人数は日本でもトップクラス(リクルートエージェントに次いで多い)
  • 経理の求人は、上場企業からベンチャー、スタートアップ企業まで幅広い
  • 経理未経験可、第二新卒向け、20代向けの求人も揃えている
  • 担当者の応対が非常に丁寧
  • 履歴書添削や模擬面接などのサービスが充実している

doda(デューダ)運営会社

・東証一部上場 パーソルホールディングス

doda(デューダ)拠点

北海道、宮城、東京、神奈川、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡
(全国の求人を網羅)


dodaの運営会社は、東証一部上場パーソルホールディングスです。

上場企業ということもあり、求人を出す側からの信頼度が高く、大手上場企業や優良企業の求人が多いのも特徴の1つです。

経理への転職を目指すには、求人が多く、履歴書添削などのサポートも無料で行ってもらえるdodaへ登録することをオススメします。

\無料登録/

※参考記事:転職エージェントdoda(デューダ)の評判と体験談|転職6回の現役経理マンが解説

リクルートエージェント(総合型)

リクルートエージェントは、日本最大手の人材紹介会社であるリクルートの総合型転職エージェントです。

経理に限らず転職を目指す方は、必ず登録しているエージェントです。

リクルートエージェントの特徴

  • 求人数は日本でトップクラス
  • 経理の求人は、超大手企業、上場企業からベンチャ企業まで幅広い
  • 経理未経験可、第二新卒向け、20代向けの求人量も多い
  • 転職エージェントでの知名度は一番高い(中途採用する側の企業では広く知れ渡っている)

リクルートエージェントの運営会社

・東証一部上場 リクルートホールディングスグループ

リクルートエージェント拠点

北海道、宮城、栃木、埼玉、千葉、東京、神奈川、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡
(全国の求人を網羅している)


リクルートエージェントの運営会社は、東証一部上場リクルートホールディングスグループのリクルートが運営しています。

圧倒的な知名度を背景に、超大手上場、上場企業のみならず、ベンチャーやスタートアップ企業まで幅広い求人をそろえています。

もちろん経理の求人も業界問わず、かなりの数を紹介してくれます。

まずはリクルートエージェントの求人から応募していくのも、効率よい転職活動の方法です。

なお、同じ総合型の転職エージェントである、dodaと求人がかぶる場合もあります。

しかし、リクルートエージェント独自の求人もありますので、念のためにリクルートエージェントにも登録しておくことをオススメします。

\無料登録/

参考記事:リクルートエージェントは経理の転職で利用すべき?経理転職者が評判・体験談を全解説!

マイナビエージェント(総合型)

マイナビエージェントは、総合型転職エージェントの中で、リクルートエージェント、dodaに続く、大手トップ3の転職エージェントです。

総合型の転職エージェントの中でも、第二新卒20代の転職にも力を入れています。

マイナビエージェントの特徴

  • 求人数はリクルートエージェント、dodaに次いで多く保有
  • 経理の求人は、20代、30代向けの求人が多い
  • 第二新卒、20代の転職に力を入れている
  • ここ数年サービスの質の向上が一番のエージェント

マイナビエージェントの運営会社

・株式会社マイナビ

非上場ですが、1973年に設立された老舗の大手人材紹介会社です。

マイナビエージェント拠点

北海道、宮城、東京、神奈川、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡
(首都圏、関西エリアの求人の他、東北北海道、九州の求人もあり)


マイナビエージェントは、大手転職エージェントでありながら、第二新卒、20代、30代の転職に力を入れています。

大手転職エージェントでは、一般的に幅広い年齢層の転職フォローをしているのに対し、マイナビエージェントはあえて第二新卒、20代、30代の転職に注力しているのが大きな特徴です。

さらにマイナビエージェントは、非公開求人を多く保有しており、掘り出し物の求人も多いため、まず登録をして担当者から求人紹介をしてもらうことをオススメします。

\無料登録/

経理特化型の転職エージェント

経理特化型の転職エージェントとは、業界を特定せず、経理など管理部門の求人を専門に扱っている転職エージェントです。

一般の事業会社のみならず、会計事務所などの経理の求人も多く扱っています。

経理特化型の転職エージェントの特徴としては、

  • 経理など管理部門の求人紹介に特化している
  • 求人は大手上場企業からベンチャーの経理まで幅広い
  • 事業会社のみならず、会計事務所などの経理の求人を扱っている

といったように、経理の求人を多く扱っているのが大きな特徴となっています。

この経理特化型の転職エージェントでオススメなのは、

この2つとなります。

MS-Japan(経理特化型)

MS-Japanは、経理などの管理部門に特化した転職エージェントです。

管理部門の人材紹介に特化していることから、担当者も経理の仕事に精通おり、手厚いサポートを受けることができます。

MS-Japanの特徴

  • 「経理、人事・総務」といった、管理部門の求人を専門に扱っている
  • 経理の求人は、未経験可から管理職まで幅広く保有している
  • 担当者が経理の仕事内容を理解している
  • 求人を出す企業からの知名度も高い

MS-Japanの運営会社

・東証一部上場 株式会社MS-Japan

MS-Japan拠点

東京 横浜 名古屋 大阪
(大都市圏の求人が多い)


経理へ転職しようとする人は、必ずと言っていいほど、MS-Japanに登録しています。

それは、管理部門に特化しているというだけあって、他の転職エージェントにはない経理の求人を多く保有しているからです。

また、年々求人を出す企業側の知名度も高くなっており、経理の求人を出すときは、まず最初にMS-Japanにお願いするという流れができています。

このような理由により、MS-Japanには経理の求人が多く集まります。

応募可能な経理の求人が多いほど転職の成功も近づきますので、経理への転職を目指す方は登録必須です。

大都市圏の求人が多いため、東京、大阪、名古屋周辺の企業で、経理に転職したい人は必ず登録しましょう。

\無料登録/

※参考記事:経理の転職エージェント【MS-Japan】評判と体験談|転職6回経理マンがすべて解説

SYNCA

SYNCAは、転職エージェントと転職サービスを掛け合わせた新しいサービスを提供しています。

経理などの管理部門の転職に特化し、特にベンチャー企業の経理求人に強いエージェントでもあります。

このSYNCAは、今まで転職エージェントとはタイプが異なり、

・企業からのスカウトを受ける

・自分から求人に応募する

この2つをメインに、さらにエージェント担当者からの求人紹介もあります。

(従来の転職エージェントでは、担当者から求人が紹介されるのみ)

SYNCAの特徴

  • 経理含む管理部門に特化している
  • 上場ベンチャー、上場準備(IPO)企業、スタートアップ企業の求人に強い
  • ターゲットは、20代前半から30代中盤くらいまで
  • 無料で、自分の転職市場価値を判断するツールの提供など、独自のサービスを展開している
  • 従来の転職サイトと転職エージェントを掛け合わせた、新しいタイプの転職サービス
  • 大手エージェントにはない、掘り出し物のベンチャー経理の求人がある

SYNCAの運営会社

株式会社WARC

2017年設立の若い会社です。事業会社のCFO経験者、公認会計士や大手コンサル出身者が多く、M&Aアドバイザリー事業も展開しています。

SYNCA拠点

東京(求人は首都圏)


SYNCAは、2017年からサービスを開始している新しい転職エージェントです。

まだ新しいサービスですが、非公開求人を含めると「約1,500件」程度の求人があります。

経理に特化しており、さらにベンチャー企業の求人に強いという、特化型の中でも専門性が高い転職エージェントです。

CFO経験者、公認会計士や大手コンサル出身者が多いことから、優良ベンチャーの求人をかなり保有しています。

他のエージェントにはない、

ベンチャー企業の求人も多いことから、ベンチャー経理の転職に興味のある人は必ず登録しておきたい転職エージェントです。

SYNCAでは、企業側が求める人材と自分の経験スキルが合うか、Webアンケートを通じてマッチングしてくれます。

このマッチングは非常に優れており、自分に合う求人が一目でわかります。

※求人に対してのマッチ度がすぐにわかる

また、従来の転職エージェントでは、担当者が求人を紹介してくれるところからスタートしますが、SYNCAでは、自分自身で好きな求人に応募できます。

加えて、事前に登録した経歴を見た企業側より、スカウトも受けることができます。

自分から求人に応募するという点では、従来の転職サイトに近い形式でもあります。

しかしながら、担当者からのフォローも受けられますので、転職サイトとエージェントを合わせた新しいサービスと言えます。

SYNCAについては、こちらで口コミや体験談を含め、詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

※参考記事:【転職サービスSYNCA】経理転職者が評判・口コミと体験談をすべて解説

※参考記事:経理の転職サービス【SYNCA】に本音インタビュー|経理の転職者必見!

\無料登録/

第二新卒・20代特化型の転職エージェント

第二新卒・20代特化型の転職エージェントとは、業界・職種を特定せず、ターゲットを第二新卒・20代に絞っている転職エージェントです。

第二新卒・20代にターゲットを絞っているということもあり、経理未経験でも応募可能な求人を多く保有しています。

今回ご紹介する、第二新卒・20代特化型の転職エージェントは、

  • 大手上場企業が運営しており、安心して利用できる
  • 20代対象の未経験可の求人が多い
  • 業界・職種あらゆる求人を揃えているため、かなりの求人を持っている

といった特徴があります。

この第二新卒・20代型の転職エージェントでオススメなのは、

この2つとなります。

就職shop(第二新卒・20代特化型)

就職shopは、第二新卒・20代の転職に特化している転職エージェントです。

現在は、利用者の約9割が20代となっています。

社会人経験が浅い若手でも活躍できるような「未経験可」の求人が多く、現在正社員の方のみならず、フリーター、ニートの方でもサポートを受けられます。

就職shopの特徴

  • 第二新卒・20代向け、未経験可の求人を多く保有している
  • 大手よりも中堅小規模企業の求人が多い
  • フリーターやニートの人でも利用可能
  • 就職shopを利用した女性の40%超が経理・事務系に転職
  • 人材紹介会社の大手リクルートが運営しているため、信頼性が高い

就職shopの運営会社

・東証一部上場 リクルートホールディングスグループ

就職shop拠点

東京 横浜 埼玉、千葉、大阪、京都、神戸
(求人は全国対象、特に首都圏、関西圏の求人が多い)


就職shopの運営会社は、東証一部上場リクルートホールディングスグループであり、運営がしっかりしており、担当者の転職までのサポートが充実しています。

転職初心者を対象としたサポートが基本ですので、初めて転職を経験する人は安心して利用できます。

転職エージェントは、基本現職で正社員の人が利用することが多いのですが、

就職shopは、現在フリーターやニートの人でも利用できるのが大きなメリットです。

就職shopでは、特に女性が経理などの事務職へ転職しています。女性で経理を目指す人は必ず登録しておきたいエージェントです。

就職shopでの女性の転職先職種割合

\無料登録/

マイナビジョブ20’s(第二新卒・20代特化型)

マイナビジョブ20’sは、大手人材紹介会社マイナビが運営する、第二新卒・20代に特化した転職エージェントです。

第二新卒・20代に特化していることもあり、経理未経験可の求人も多く保有しています。

マイナビジョブ20’sの特徴

  • 第二新卒・20代の転職に特化している(求人も第二新卒・20代向けのみ)
  • マイナビグループで連携して、求人情報を提供しているため、未経験可の求人の紹介も多い
  • 転職初心者向けの職務経歴書の添削や、面接練習といったサービスも充実している
  • 担当者が第二新卒・20代で未経験の転職状況に詳しいため、わからないことを相談しやすい。

マイナビジョブ20’sの運営会社

・株式会社マイナビ

非上場ですが、1973年に設立された老舗の大手人材紹介会社です。

マイナビジョブ20’s拠点

東京、横浜、大阪、神戸、名古屋
(求人は全国対象、特に大都市圏の求人が多い)


マイナビジョブ20’sの運営会社は、総合型の転職エージェントのマイナビエージェントと同じマイナビが運営しています。

マイナビグループでは、20代、30代をターゲットにした転職サポートが得意ということもあり、20代メインの求人が多いのが特徴です。

マイナビジョブ20’sは 、第二新卒と20代の転職に特化しており、未経験可の求人が多いという点で差別化を図っています。

また、履歴書添削などのサポートも充実していますので、転職初心者の方は、必ずマイナビジョブ20’sへ登録しておきたいところです。

\無料登録/

転職エージェントを利用するメリット

転職をする場合、転職エージェントを利用するのが一般的です。

その理由は、転職に必要な多くのメリットを受けられるからです。

ここでは主に3つのメリットをご紹介します。

非公開の経理求人を紹介してもらえる

一般の転職サイトでは、会社がどのような人材を採用したいか、求人検索から確認できます。

しかし会社側としても、

・採用情報を知られたくない

・専門性が高い人材が欲しい

といったときは、転職エージェントを利用して、非公開求人を出す場合が多くあります。

この非公開求人は、転職エージェントの登録者だけが応募できます。

そして大手や優良企業のほとんどは、求人を非公開としてるため、それらの企業の求人に応募するには転職エージェントへ登録して、求人を紹介してもらう必要があります。

このように非公開求人に応募できるのが、転職エージェントのメリットです。

転職に詳しい担当者からアドバイスをもらえる

転職エージェントに登録すると、求人の申込みや転職スケジュールの調整などを行ってくれる担当者がつきます。

その担当者は、何十人もの転職者をサポートしてきているため、転職に関する知識経験が豊富です。

特に、経理特化型の転職エージェントの担当者は、経理の転職事情に詳しいため、専門的なアドバイスを受けられます。

また、第二新卒・20代特化型の転職エージェント担当者からは、実践すべき転職テクニックなどのアドバイスを受けることができます。

自分にはわからない転職事情や転職テクニックなどを担当者から教えてもらえるという点は、大きなメリットになります。

履歴書などの添削や模擬面接フォローを受けられる

転職エージェントによっては、転職成功のために履歴書や職務経歴書の添削サービスを実施しています。

さらに面接に慣れてもらうように、模擬面接による面接練習サービスも行っています。

このようなサービスを利用すれば、書類選考や面接通過の成功率が高まり、転職成功に近づきます。

※関連記事:経理の転職で知らないと損する!効率よく簡単に履歴書・職務経歴書を作成する方法

転職エージェントを利用するメリットを受けて、転職成功を実現しましょう。

転職エージェントのデメリット

転職エージェントにもデメリットはあります。

求人紹介に時間がかかる場合あり

転職エージェントの担当者は、複数の転職者のサポートを行っています。そのため忙しく、求人の紹介に時間がかかる場合もあります。

転職エージェントでは、自分に合いそうな求人を紹介されるというのが前提ですから、求人の紹介待ちといった時間が発生していまいます。

希望と違う求人を紹介される場合あり

転職エージェントでは、自分に合いそうな求人を紹介されるのが前提です。

自分の好きな求人を直接指定することができません(希望は出せます)

そのため、自分が希望する求人と違う求人を多く紹介される場合もあります。

そういうときは、担当者としっかりコミュニケーションを取って、自分の希望をしっかり意見する必要があります。

転職フォローが物足りない場合がある

転職エージェントの担当者は、専属ではなく、他の転職者のフォローもしながらの対応となります。

場合によっては相談に対する回答が遅かったりと、対応にバラつきが出てくることもあります。

履歴書などの添削や、面接対策についても、マンツーマンでのフォローはありませんので、転職に関するフォローが物足りないと感じる場合もあります。

十分な転職フォローを受けて転職成功するには?

転職エージェントのフォローが十分でない場合、転職支援サービスを利用する手があります。

転職支援サービスでは、専属の担当者が付いてマンツーマンで、

自己分析サポート
将来のキャリア設計サポート
転職までのスケジュールサポート
会社や業界の研究サポート
履歴書や職務経歴書作成サポート
求人媒体の選び方サポート
面接対策サポート

といった、手厚いサポートを受けられます。

サポートが手厚い分、有料となってしまいますが、

・自分の希望している企業への転職を成功させるための自己投資

・将来の満足感を得るための自己投資

と考えれば、利用する価値は十分にあります。

転職支援サービスの中でも、20代も利用している「マジキャリ」は、 年間3,000名以上の転職相談・支援を行っているという実績があります。

サービスを利用する前に、無料面談を受けて、利用する価値があるか判断できます。

転職成功のための手厚いサポートを受けたい場合は、まずは 「マジキャリ」 の初回の無料面談を受けてみるのもオススメです。

\まずは、無料面談から/

転職エージェントのデメリットは、転職支援サービスを活用して対処します。

※関連記事:有料の転職相談・支援サービスを徹底解説!|転職6回経験者が使い方をアドバイス!

転職エージェントを利用するポイント

第二新卒、20代で経理へ転職を目指す場合、転職エージェントの利用は必須です。

そして、その転職エージェントを利用するときのポイントは4つあります。

大手の転職エージェントには必ず登録

第二新卒、20代向けの転職エージェントは数多くあります。

その中でも信用性が高い大手の転職エージェントに登録して、利用することをオススメします。

第二新卒、20代向けの転職エージェントでも、大手ではない会社の場合、

・サポートが貧弱であったり、

・ブラック企業の求人紹介が多かったり

といったこともあります。

大手の転職エージェントの場合は、求人厳選してできるだけブラック企業を排除しているため、安心して利用できます。

特化型の転職エージェント登録で転職成功率を高める

今回ご紹介した転職エージェントの中には、特化型と言われる転職エージェントがありました。

●管理部門特化型のエージェント

●第二新卒、20代特化型のエージェント

このような特化型の転職エージェントは、総合型と言われる大手転職エージェントに比べ、保有している求人数は少ない状況にあります。

しかし、総合型の転職エージェントにはない、独自の求人を多数保有している場合が多くあります。

そして、未公開で掘り出し物の求人が多いのも、特化型の転職エージェントの特徴です。

こうした独自の未公開求人に応募するためにも、特化型転職エージェントには必ず登録しておきたいところです。

独自の未公開の求人に応募するためにも、特化型転職エージェントに登録しましょう

転職エージェントは掛け持ちして利用する

特に初めて転職エージェントを利用する人は、複数の転職エージェントを、掛け持ちして利用するのはいいの?といった疑問があります。

結論をいうと、転職エージェントは、掛け持ちして利用してください。

転職エージェントは、それぞれ特徴が異なります。(総合型、経理の転職に強い特化型、20代の転職の特化型など)

転職エージェントのそれぞれ異なる特徴のメリットを受けて、転職活動することで、転職成功の確率が高まります。

今回ご紹介した複数の転職エージェントに登録して、転職活動してみましょう。

転職エージェントの複数登録は、当たり前となっています。

転職エージェントは、無料で利用できる

転職エージェントは、求人を出す企業へ人材を紹介し、採用が成立したら手数料を受け取るというビジネスを展開しています。

転職エージェントが行うサービスに係る料金は、求人を出す企業側が負担していますので、転職者は無料で転職エージェントを利用できることになります。

転職エージェントのビジネスを理解していれば、転職者は、無料で安心して積極的に転職エージェントのサービス利用できますね。

転職エージェントは無料で利用できるので安心です。

転職エージェント利用の流れ

実際に転職エージェントに登録した後は、以下の流れで転職活動を進めていきます。

①転職エージェントへ登録

転職エージェントのホームページへアクセスし、Webで必要事項を記載のうえ、転職エージェントへ登録します。

登録時には、履歴書や職務経歴書の提出を求められる場合もあります。

履歴書や職務経歴書は、転職エージェント登録後に自動作成ツールを使って作成したり、添削サービスを受けられますが、まずは自分なりに事前作成しておくことをオススメします。

※参考記事:経理の転職で知らないと損する!効率よく簡単に履歴書・職務経歴書を作成する方法

②転職エージェント担当者から連絡が来る

登録した転職エージェントの担当者よりメールで連絡が来ます。

その後、電話やWeb(またはエージェントのオフィスへ訪問)にて面談を実施します。

面談時に、自分が希望する仕事内容や年収などを、担当者へ伝えます。

③求人の紹介

面談後、自分の希望内容に合わせた求人を担当者が紹介してくれます。

最初、求人は5~20件程度紹介があり、その後も随時紹介されていきます。

④履歴書・職務経歴書のチェック

求人に応募する際に必要となる、履歴書・職務経歴書について、転職エージェントより添削してもらいます。

添削結果に従って、履歴書・職務経歴書の修正をしていきます。

※参考記事:経理の転職で知らないと損する!効率よく簡単に履歴書・職務経歴書を作成する方法

⑤求人応募

応募したい求人を転職エージェントの担当者に伝えます。

そのあとの応募手続きはすべて転職エージェントの担当者がやってくれます。

求人の応募手続きは、転職エージェントがすべてやってくれるため、この応募に係る手間が省けるというメリットを受けることができます。

※参考記事:知らないと内定取れない…経理未経験者の転職で狙うべき求人【3つ解説!】

⑥面接対応

求人に応募し、書類選考通過した場合は、面接を受けることになります。

面接希望日を伝えるだけで、面接のスケジュール調整はすべて転職エージェントでやってもらえます。

また、同時期に面接対策として、転職エージェントで実施している模擬面接などのサービスを受けて、面接に備えます。

※参考記事:経理未経験者が面接で聞かれる質問は?【面接対策を現役経理部長が解説!】

⑦内定、退職サポート

内定が出た後は、担当者が先方の企業と給料交渉や入社日の調整を行ってくれます。

特に現職の退職手続きなどのしかたについては、転職エージェントの担当者が詳しいので、相談をしながら転職に向けた準備を進めていきます。

求人応募やスケジュール調整は、転職エージェントがやってくれますので、効率よく転職活動ができます。

転職サイトはおすすめできない

これまでは転職エージェントについて解説してきましたが、転職をするときには転職サイトを利用するという方法もあります。

しかし、この転職サイトの利用はあまりオススメできません。

その理由は、

・求人の中にブラック企業も混じっている

・競争率が高く、書類選考が通りずらい

・求人数が多すぎて、選ぶのが大変

・転職に関する手続きはすべて自分が行わなければならない

といったことがあります。

転職サイトは、求人数がかなり多く、自分が気になる求人にいくつも応募できます。

しかし、その分競合も多く、書類選考で通過する確率が低いのが実情です。

また、求人数が多い分ブラック企業も多くありますので、注意が必要です。

その点、転職エージェントではできるだけブラック企業も排除していますし、転職に関する手続きはすべて対応してもらえるため、使わないという選択肢はありません。

転職サイトだけでの転職活動はオススメできません。

代わりに、

・転職エージェントをメインで利用しつつ、

・転職の動向チェックのため、補完的に転職サイトも利用する

という方法などを検討してみるのがよいでしょう。

転職エージェントをメインに利用して、補完的に転職サイトをチェックしてみるのがいいですね。

まとめ

今回は、第二新卒・20代で、経理に転職するとき利用すべき転職エージェントを7つご紹介しました。

転職エージェントは、それぞれ特徴があります。

複数の転職エージェントに登録して、それぞれの特徴を利用して、転職を目指すのが最も効果的です。

第二新卒・20代で経理に転職するときは、今回ご紹介した転職エージェントを利用して、ぜひ経理への転職を成功させてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【おすすめ転職エージェントMS-Japan】

MS-Japanは、経理含めた管理部門の求人を専門に扱っています。
「経理未経験」の人でも応募できる、優良求人が多数あるのが特徴です【登録は無料】

MS-Japanをチェック!

コメント

コメントを残す

*