エージェント利用方法

【経理の転職】転職エージェントと転職サイトはどっちを利用すればいい?|転職6回経理マンが全解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

転職エージェントと転職サイトって何が違うの?

経理に転職するとき、転職エージェントと転職サイト、どっちを使えばいい?

転職エージェントと転職サイト、どちらも転職するときに利用するサービスですが、何が違うのでしょうか?

そして、経理へ転職する場合、どちらを利用した方が良いか気になるところです。

そこで今回は、

「転職エージェントと転職サイトの違いと、それぞれの特徴」

について具体的に解説します。

さらに、現在の転職エージェントと転職サイトの利用状況と、経理の転職で利用すべき転職エージェントと転職サイトも詳しく解説します。

経理の転職を目指す人は、転職エージェントと転職サイトの違いを理解して、効率的に転職活動を進めましょう。

☞この記事の解説者:経理部IS

・現役の東証プライム上場企業の経理部長です

経理の転職エージェント、転職サイトの利用経験は15社以上

・経理の転職6回の経験を踏まえて解説します

転職エージェントと転職サイトとの違いは?

転職エージェントと転職サイトの大きな違いは、

  • 求人の応募方法
  • 転職フォロー

この2つです。

転職エージェントでは、担当者から自分のスキルに見合った求人が紹介され、応募します。

一方、転職サイトでは、サイト内にある求人から自分で気になる求人を探して応募します。

また、転職エージェントでは、求人応募手続きから面接の日程調整まで担当者が対応してくれます。

さらに、転職エージェントの担当者が、履歴書などの添削や面接対策といったフォローをしてくれます。

一方、転職サイトでは、求人の応募手続きや面接の日程調整といった、転職手続きはすべて自分が行わなければなりません。

転職エージェントは、担当者のフォローを受けながら転職活動を進めるのに対し、

・転職サイトは自分で転職活動を進めていくことになります。

ここからは、さらに具体的に転職エージェントと転職サイトの違いを確認してみましょう。

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、求人探しから面接対策まで、転職に関するサポート全般をしてくれる『人材紹介サービス』のことをいいます。

具体的には、

  • 転職者の希望に見合う経理の求人紹介
  • 求人応募手続きの代行
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接の対応方法フォロー
  • 面接日程調整
  • 企業への推薦状送付
  • 年収交渉

など、転職者に対し、至れり尽くせりのフォローをしてくれます。

また、こうした転職フォローのサービスはすべて無料で利用できます。

転職エージェントのビジネスモデルは、

「転職者に求人を紹介し、その転職者が企業へ入社した時点で、採用した求人企業から成功報酬を受け取る」

というものであり、転職者は転職エージェントのサービスをすべて無料で利用できます

転職エージェントは、優秀な人材を採用したい企業側が、お金を払ってエージェント側に人材探しを依頼しているため、転職者には費用がかかりません。

このように、転職のフォローが手厚い転職エージェントは、初めて転職活動をする人や確実に転職を成功させたい人が多く利用しています。

転職サイトとは?

転職サイトとは、企業がお金を払ってサイトに求人広告を掲載します。

転職者はそのサイトで求人を探し、気になるものがあれば応募するというものです。

転職者は、

  • サイトに登録して、求人を自由に検索、閲覧ができます
  • 気になる求人があれば気軽に応募できます
  • 直接企業側とやりとりして書類選考から面接までの手続きを進めます

このように、求人検索から企業との面接まで転職者自身がすべて一人で行います。

また転職サイトは、企業がサイト運営側に求人の掲載料を支払うビジネスモデルであるため、転職者は転職サイトのサービスを無料で利用できます。

転職サイトは、どのような求人があるかいつでも自由に閲覧できるため、とりあえず転職を検討したいと思ったとき気軽に利用できます。

転職エージェントと転職サイトの違いを比較

転職エージェントと転職サイトでは、さまざまな面で違いがあります。

その違いをまとめると、次のようになります。

転職
エージェント
転職
サイト
特徴担当者と一緒に
転職活動
自分ひとりで
転職活動
手軽さ 
経理の求人数 
経理の求人内容 
転職成功率 
転職サポート 
求人応募
面接調整
 
条件交渉 
料金無料無料

1.主な特徴

・転職エージェントは、担当者のフォローを得ながら一緒に転職活動をしていきます。

・転職サイトは、基本すべて自分一人で転職活動を進めていきます。

転職エージェントでは、必ず担当者がついて転職のフォローをしてくれますので、転職活動でわからないことがあったら、すぐに相談できます。

一方、転職サイトでは担当者はいません。転職活動でわからないことがあっても、自分で調べながら活動していかなければなりません。

2.手軽さ

・転職エージェントでは、担当者と面談を受けて、転職活動を進め方、自分の将来のキャリアプランなどを確認し、その結果を踏まえた希望に合う経理の求人が紹介されます。

・転職サイトは、登録さえすればすぐに経理の求人をチェックでき、気になる求人があれば自由に応募できます。

転職エージェントでは、担当者との面談を通じて、転職者に見合う経理の求人がどのようなものかを確認していくことになります。

一方転職サイトでは、登録さえすればすぐに経理の求人を検索・応募ができますので、手軽に利用することができます。

経理の求人の検索、応募については転職サイトの方が手軽にできます。

3.経理の求人数

・転職エージェントでは、転職サイトより公開されている経理の求人は少ない状況にあります。

・転職サイトでは、大企業から中小までさまざまな経理求人を扱っているため、公開されている求人数は多い状況にあります。

転職エージェントでは転職サイトを比べると、公開されている経理の求人は少ない状況にあります。

多くの経理求人を比較しながら、応募したい求人を選ぶ場合には転職サイトが良いでしょう。

ただし、転職エージェントでは、転職サイトで扱っていない質の高い経理の求人を扱っていることも多いため、求人数だけで判断するのは注意が必要です。

4.経理の求人内容

・転職エージェントでは、ほかでは扱っていない独自の非公開求人も多く扱っています。

・転職サイトでは、ほかの転職サービスでも扱っている、一般的な経理の求人が多い傾向にあります。

転職サイトの経理の求人は、どちらかと言えば、経理事務担当者をメインとしているものが多い傾向にあります。

一方、転職エージェントでは、経理担当者のほか、管理職候補や部長など経理の管理職の求人も多く扱っています。

さらに、求人を出す企業側の都合で非公開にしている経理の求人も多数扱っており、転職サイトにはない、非公開求人に応募することができます。

非公開求人とは
非公開求人とは、Webサイトに公開されていない求人情報のことをいいます。

こうした求人は、企業で経理のどのようなポジションで募集しているのかを、一般の方は知ることができません。

人材紹介サービスを行っている、⼀部の転職エージェントのみが非公開の求人情報を持っています。

なお、非公開となっている理由は、

・社内の事情により、人材を募集していることを知られたくない

・事業戦略上、競合他社に知られたくない

・公開する時間がなく、すぐに人が欲しい


といった会社側の事情により、求人を非公開としています。

5.転職成功率

・転職エージェントでは、担当者が書類のチェックや面接時の質問に対する回答方法など教えてくれるため、内定獲得ができる可能性が高くなります。

・転職サイトでは、手軽に応募できる分、応募者多数で書類選考の通過率は低い状況にあります。

転職エージェントでは、担当者が転職成功に向けて応募書類のチェックから、面接対策など、さまざまな転職サポートをしてくれます。

一方転職サイトでは、そのような転職サポートはありません。

転職の成功確率は、やはりエージェントの転職サポートを受けた方が確実に上がります。

6.転職サポート

・転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策を行ってくれます。

・転職サイトでは、基本転職サポートはありません。

転職エージェントは、転職者が転職に成功することで初めて、求人を出す企業側から成功報酬をもらいます。

そのため、転職エージェントの担当者は、転職成功させるためにさまざまなサポートをしてくれます。

転職サポート一例

  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 模擬面接サービス
  • 面接官の性格を踏まえた、面接時の質問の回答方法
  • 将来、どのような経理人材になるべきかのアドバイス

こうしたサポートを受けることで、転職の成功率も上がり、納得のいく転職ができます。

一方転職サイトでは、このようなサポートは一切ないことを理解してください。

7.求人応募、面接調整

・転職エージェントでは、担当者が企業への求人応募の手続き、面接の日程調整などすべて行ってくれます。

・転職サイトでは、自分で求人応募手続き、面接調整を行わなければなりません。

転職エージェントでは、求人の応募から企業側との面接の日程調整までを代理で行ってくれます。

転職者側としては、企業の都合を気にせず、気軽にエージェント担当者にお願いができる点がメリットです。

一方、転職サイトでは求人応募から面接日程調整まで、自分が企業側と調整をしなければなりません。

転職サイトからで転職活動する場合、直接企業側とのやり取りが発生するため、気を遣って対応しなければならないというデメリットがあります。

8.条件交渉

・転職エージェントでは、年収交渉や入社時期などすべて担当者が行ってくれます。

・転職サイトでは、年収など企業との交渉はすべて自分が行わなければなりません。

企業から無事内定をもらったあと、実際に入社に向けた年収などの条件交渉が始まります。

特に年収については、直接企業の担当者へお話しするのは気が引ける、交渉しづらいといったことも考えられます。

その時、転職エージェントを利用していれば、こちらの入社条件・希望を叶えるため、担当者が企業側と交渉してくれます。

一方転職サイトでは、年収などの条件交渉は、自分で企業側と行わなければなりません。

9.料金

転職者は、転職エージェント・転職サイトともに、無料で利用できますので心配はありません。

※ただし、年収が高いハイクラス転職のビズリーチといった転職サービスでは、一部有料サービスもあります。

転職エージェント・転職サイトそれぞれの利用状況

実際に転職をしている人は、転職エージェント・転職サイト、どちらを利用しているのでしょうか?

ここでは利用状況について、転職者へのアンケート結果をご紹介します。

※1年以内に転職経験のある20~39歳の200人に、「転職活動で登録したサービス」のアンケートを実施

出典:マイナビエージェント

転職エージェントと転職サイト、どっちを利用している?

転職者が利用した中での一番多かった回答は、

「転職エージェントと転職サイト、どちらも利用」の29%でした。

次に「転職エージェントのみ利用」が26%、「転職サイトのみ利用」が24%となっています。

転職エージェント、転職サイトそれぞれで異なるメリットがあります。

双方のメリットを享受するには、どちらも利用するのが理想的です。

転職エージェントを利用して良かったと思える理由

実際に転職エージェントを利用した人が、良かったと思える理由として多かったのが、「担当エージェントの対応」、「自分に合った求人の紹介」が同率で一番でした。

次に多かったのが、「面接日程の調整など、企業の連絡代行」、「応募企業に関する情報提供」と続いています。

転職エージェントでは、担当者が転職者のスキルを見極めて、転職者に見合った経理の求人を紹介してくれます。

そのため、企業側が求めている人材とのミスマッチが少なく、転職成功の確立も高まります。

また、企業とのやり取りはすべてエージェントの担当者が行ってくれますので、効率よく転職活動を進めることができる点も、転職者にとって良かった感じられています。

転職サイトを利用して良かったと思える理由

実際に転職サイトを利用した人が、良かったと思える理由で多かったのが、「求人情報が多い」、「自分のペースで転職活動ができる」でした。

転職サイトは、企業規模を問わずあらゆる業種の経理の求人を扱っており、転職エージェントと比べ、経理の求人数は多い状況にあります。

また、転職サイトは転職エージェントと違い、担当者がついて転職活動のフォローをすることはありません。

そのため、担当者とのやり取りは一切なく、自分のペースで転職活動を行えるため、気軽に利用できる点が評価されています。

経理の転職で、転職エージェントを利用した方がいい人

経理の転職で、転職エージェントを利用した方がいい人は、次のような人です。

  • 初めて転職する人、転職初心者
  • 転職相談、アドバイスを受けたい人
  • 確実に転職を成功させたい人

初めて転職をする人は、転職活動をどのように進めていけばよいかわからないと思いますが、転職エージェントでは、初めて転職する方に対し、担当者が転職活動の流れをしっかり教えてくれます。

また、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策といったサポート、さらに転職全般の相談も受け付けてくれます。

このように、転職エージェントは転職者に対してのサポートが充実していますので、初めて転職活動をする人に向いています。

このサポートを受けて、転職活動の流れを理解したい転職初心者、確実に転職を成功させたい人は、ぜひ転職エージェントを利用してください。

経理の転職で、転職サイトを利用した方がいい人

経理の転職で、転職サイトを利用した方がいい人は、次のような人です。

  • 自分のペースで転職活動をしたい人
  • 経理へ転職するかどうか悩んでいる人
  • とりあえず経理の求人をチェックしたい人

転職エージェントでは、担当者と面談を行い、自分のスキルに見合った経理求人が紹介されます。

そして、求人応募から面接対応まで担当者を介して行うため、どうしても担当者のペースで転職活動が進んでしまいます。

一方、転職サイトは担当者がいませんので、すべて自分の考えで転職活動を進めていくことになります。

また、担当者がいないことから、とりあえず経理へ転職するか悩んでいる人も気軽に利用できます。

「将来転職をしたいけど、まずは経理の求人状況をチェックしてみたい」と考えている人には、転職サイトの利用がおすすめです。

転職サイトなら公開されている経理の求人も多く、いまの求人の状況がすぐわかります。

経理の転職で利用すべき、転職エージェント・転職サイト

経理の転職では、経理の求人を多く扱っている転職エージェント、転職サイトを利用してください。

経理の求人が多いと、その分選択肢も広がり、経理への転職成功率が高まります。

経理の転職のおすすめ転職エージェント

経理の転職でオススメできる転職エージェントは次の3つです。

doda(デューダ)

★dodaの特徴

  • 求人数は日本でもトップクラス
  • あらゆる業種の経理の求人を紹介してくれる
  • 経理の求人は、上場企業からベンチャー、スタートアップ企業まで幅広い
  • 担当者の応対が非常に丁寧
  • 履歴書添削や模擬面接などのサービスが充実している

doda(デューダ)は、日本トップクラス規模の転職エージェントであり、経理のみならずあらゆる職種、業種の求人を扱っています。

もちろん経理の求人も多数扱っており、経理の転職ではまず最初に利用してほしい転職エージェントです。

さらに、

・全国の経理の求人を扱っている

・あらゆる業種の経理の求人を紹介してもらえる

・担当者の対応が、非常に丁寧

といったメリットも多いことから、初めて経理へ転職する人だけでなく、経理経験者、ベテラン経理パーソンも必ず利用すべき転職エージェントといえます。

\無料登録/

※参考記事:転職エージェントdoda(デューダ)の評判と体験談|転職6回の現役経理マンが解説

MS-Japanの特徴

  • 経理を中心に、管理部門の求人を専門に扱っている
  • 経理の求人は、未経験可から管理職まで幅広く扱っている
  • 担当者が経理の仕事内容を理解しており、サポートが充実している
  • 求人を出す企業からの知名度が高く、経理の求人が集まりやすい
  • 求人は業種の偏りがなく、会計事務所まで幅広い

MS-Japanは、経理などの管理部門に特化した転職エージェントです。

管理部門の人材紹介に特化していることから、担当者も経理の仕事に精通しており、手厚いサポートを受けることができます。

また、あらゆる業種の経理、会計事務所といった会計業界に関する求人を多数扱っています。

現在MS-Japanは、求人を出す企業側からも認知されており、

「経理の求人を出すときは、まず最初にMS-Japanにお願いする」

という流れができています。

そのため、経理の求人が多く集まっているのがMS-Japanの最大のメリットとなっています。

数多くの経理の求人を紹介してもらいたい人は、ぜひMS-Japanを利用してください。

\経理求人多数!/

※参考記事:【経理の転職エージェントMS-Japan】評判と体験談を転職6回経理マンが全解説

SYNCA

 ★SYNCAの特徴

  • 経理に特化した転職サービスを提供
  • 上場ベンチャー、上場準備(IPO)企業、スタートアップ企業の求人に強い
  • 20代~40代向けの経理の求人を多く扱っている
  • 従来の転職サイトと転職エージェントを掛け合わせた、新しいタイプの転職サービス

SYNCAは、経理の転職に特化したサービスを提供しており、経理職の求人を多く扱っています。

また、SYNCAは従来の転職エージェントと違うサービスを展開しているのが大きな特徴です。

SYNCAでは、

・自分自身で好きな求人への応募が可能です。

・事前に登録した経歴を見た企業側より、スカウトも受けることができます。

自分から求人に応募するという点では、従来の転職サイトに近い形式であり、自分のペースで転職活動をすることができます。

さらに、必要に応じて担当者からのフォローも受けられますので、

「転職サイトとエージェントを合わせた新しいサービス」

ということができます。

経理の転職で、転職エージェントも転職サイトも利用したいと考えている人は、両方のメリットを享受できるSYNCAをおすすめします。

\無料登録/

※参考記事:【転職サービスSYNCA】経理転職者が評判・口コミと体験談をすべて解説

経理の転職のおすすめ転職サイト

経理の転職で、転職サイトを利用する場合は、できるだけ経理の求人を多く扱っているサイトを利用してください。

ここでは、日本最大の経理の求人を扱っている転職サイトと、年収をアップできる経理の転職サイトをご紹介します。

リクナビNEXT

★リクナビNEXTの特徴

  • 常時7万件以上の求人を扱う
  • 若手からベテラン向けまでの経理の求人あり
  • 扱う経理の求人は、大手企業から中小、ベンチャーまで幅広い
  • 地方の経理の求人も扱っている

リクナビネクストは、人材紹介大手「リクルート」が運営している、日本最大の転職サイトです。

あらゆる業種、職種の求人を扱っており、もちろん経理の求人も多数登録されています。

扱っている経理の求人数も、転職サイトではトップレベルであり、中小ベンチャーから大企業までは倍広い経理の求人を扱っています。

今の経理の求人はどのようなものがあるか?をチェックするには、まず最初にリクナビNEXTを利用することをオススメします。

\経理求人多数!/

ビズリーチ

★ビズリーチの特徴

  • ハイクラス向けサイト
  • 年収600万円以上の経理の求人多数
  • ヘッドハンターからのスカウトあり
  • 経理経験者が年収アップを目指せる求人が多い

ビズリーチは、経理経験者がさらに年収アップ、スキルアップを目指すのに向いているハイクラス転職サイトです。

扱っている経理の求人は、経理実務経験者向けのものや経理マネージャーといった管理職を目指している人向けのものが多いのがビズリーチの特徴です。

経理未経験者が利用するにはハードルが高いですが、経理経験者でこれからさらに年収アップを目指す、経理の管理職を目指すといった人におすすめのサイトとなっています。

\ハイクラス経理求人多数/

まとめ

今回は、経理に転職するとき、転職エージェントと転職サイト、どっちを使えばいいかについて解説しました。

転職エージェントと転職サイトの違いとそれぞれの特徴は、次のとおりです。

転職
エージェント
転職
サイト
特徴担当者と一緒に
転職活動
自分ひとりで
転職活動
手軽さ 
経理の求人数 
経理の求人内容 
転職成功率 
転職サポート 
求人応募
面接フォロー
 
条件交渉 
料金無料無料

それぞれ違いがあることから、利用者の目的によって使い分けすることが必要です。

また、転職エージェントと転職サイト層の方のメリットを享受するには、両方を併用することをオススメします。

(どちらも無料で利用できます)

経理へ転職しようとするときは、転職エージェント、転職サイトそれぞれの特徴を知り、自分に合いそうなものから利用を初めてみましょう。

実際に利用してみることで、どちらが自分に合うかもわかってきます。

どちらも利用は無料ですので、まずは転職エージェント、転職サイト双方を試してみましょう。

※参考記事:【経理の転職エージェント】ランキング5選|経理転職6回の経験者がオススメ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【おすすめ転職エージェントdoda】

dodaは、業界ではトップクラスの転職エージェントであり、経理含め、多数の求人を保有しています。初めての転職する人にもおすすめです【登録無料】

dodaをチェック!

コメントを残す

*